台東観光グルメ蕭氏蒸餃。ふっらくした蒸餃子が旨い蕭氏蒸餃はマッサージ帰りに最高。

2019年8月の1人旅で訪問したお店の紹介です。

お盆の3日間は嫁と合流し、

毎回台東ではお世話になるマッサージ店務本堂養身館へ。

☞ 台湾旅行記 台東 務本堂養身館。若いスタッフが多く話が弾むマッサージ。

 

マッサージ後は腹が減る。

そこで以前から気になっていた餃子のお店へ。

 

お店の名前は「蕭氏蒸餃」

車の通りが激しい通りに位置しており。

夜になると真っ赤な看板が目立ちます。

 

 

蕭氏蒸餃 基本情報

住所は台東縣台東市中正路400號。

交通量が激しい通りで、周囲にはあまり飲食店はありません。

(ちょっと歩けば沢山店が並びますが。。)

 

バイクでテイクアウトする人が沢山。

 

↓地図です。

 

 

お店は比較的広く、清潔感があります。

2人掛けのテーブルをはじめ、大人数の円卓も。

 

円卓って僕は1人で訪問する時の相席以外、

利用したことがありませんが、一度円卓でワイワイやってみたいですね。

 

 

お店は英語や日本語は通じません。

でも店員さんは愛想よく、どうぞどうぞと中に案内してくれます。

 

メニュー オーダー

メニューです。

鉛筆で数量を書いて、外の店員さんの元へもっていきましょう。

 

さてここはちょこっと小菜をいただくことに。

 

花生豆腐にしようか落花生にしようか迷ったあげく、

花生豆腐は腹に溜まるという理由で落花生に。。

 

主食である餃子や麺類は50元、小菜は30元、

スープも40元前後と非常にフレンドリー。

 

ここは沢山オーダーしたくなっちゃいますよね。

 

 

落花生です。

感じが面倒くさいので落花生にしましたが、

いわゆる茹落花生です。

 

芋のようにほくほくしています。

自家製のタレにひたっており、優しく甘い醤油とよく合います。

 

箸でいただきましょう。

台湾ビールと一緒に食べたら旨いんだろうな。

 

 

 

蒸餃子です。

ちょっと大きめでした。

 

ぷっくりとした餃子が秩序正しく整列しており、

なんとも美しい。

 

8粒で50元ですが、1つ1つが大きいので、これで十分です。

すっごく良い匂いが漂います。

 

 

 

これは旨い!餡の画像はありませんが、餡がたっぷりで、

肉汁があふれ出してきます。

 

ほら、餡がたっぷりでしょ。

 

 

 

蒸餃子って旨いっすよね。

焼き餃子や揚げ餃子違って、中の餡の肉の味をしっかり楽しめます。

 

油分が皮に吸収されていないので、

もちっとした皮に守られた餡と皮に蛇足がありません。

 

最初の1つ目は何も調味料はつけないで。

2つ目はちょっと胡椒を。

3つ目はテーブルに置いてるラー油や醤油をつけて楽しみます。

 

 

そして酸辣湯。

これも胡椒のピリっとしたフレーバーがいい。

 

具材も比較的多めで、酢との相性もよく、

餃子を食べた後のこってり感を洗い流してくれます。

 

 

 

 

 

乾麺です。

よくある麺とは異なり、うどんに近い感じです。

砕かれた肉がトッピングされた麺です。

 

底に溜まっている汁とよく混ぜます。

 

 

やや汁の塩味が弱いので、必要に応じて調味料を足すといいかも。

本当にうどんのような感じです。

 

台湾でここまでうどんに近い乾麺は初めてでしたが、

これはこれで美味しい。

 

ネギと肉と一緒にいただく、つるつるっとした食感は、

爽やかなマッサージ帰りには最高です。

 

この麺はなぜか僕はやみつきなってしまい。

もう1杯いただきました。

 

 

ラー油を少し垂らしても美味しい、そのままでもいいし、

ちょっと甘めの醤油を加えてもいい。

 

とても万能な麺で、お腹が満たされました。

 

まとめ

今回は台東の蒸餃子のお店の蕭氏蒸餃を紹介しました。

大き目でぷっくりした餃子は肉汁が溢れ最高。

 

餃子だけをいただいきに訪問しても満足できます。

 

うどんに似た麺は調味料とよく合い、もちっとした乾麺はなぜかやみつきになります。

マッサージ帰りには蕭氏蒸餃でのディナーがオススメデス。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です